ドラゴン桜4話東大合格の必勝法!家庭の10カ条について考察!

家庭の10カ条ドラゴン桜

ドラゴン桜東大合格必勝法!家庭での10カ条には学ぶところがたくさんあります。

東大合格は日常生活の延長線上に過ぎません。

家庭の10カ条をぜひ参考にしてもらい、家族一丸となって受験に挑んでほしいです。

 


ドラゴン桜4話東大合格必勝法!家庭の10カ条

ドラゴン桜4話では東大合格必勝のために家庭での10カ条をしてもらいます。

ひとつでも欠けると合格できないと桜木先生がおっしゃるほど大事ことのようです。

受験生のみなさん、すぐに実践してみましょう!

東大合格必勝法!家庭の10カ条

 

➀一緒に朝ごはんを食べること

➁何か1つでも家事をさせること

➂適度に運動させること

➃毎日同じ時間に風呂に入らせること

⑤体調の悪いときは無理をさせず休ませること

⑥リビングはいつでも片付けておくこと

⑦勉強に口出ししないこと

⑧夫婦仲良くすること

⑨月に一度家族で外食すること

⑩この10カ条を父親と共有すること

 

東大合格必勝法!家庭の10カ条はドラゴン桜2の5巻の一コマで登場します。

今回はこの10カ条についてホントに効果あるのか、仮説をたてて考察してみました。

 

➀一緒に朝ごはんを食べること

受験生になるととにかく勉強だけに集中させたいと考えるかもしれませんが、家族全員が同じ時間に食卓で食べることは、家族で会話できる唯一の時間だと考えます。

一緒にごはんを食べることで、会話したり、笑ったり、ぐちったりコミュニケーションをとることができます。

勉強ばかりしていると、コミュニケーション不足になっています。

コミュニケーション能力は問題を解くのにも役立ちます。ドラゴン桜の3話でも友だち同士で意見を交わして問題に向き合うシーンがありました。

出来る限り、コミュニケーションの時間をとるように意識しましょう。

➁何か1つでも家事をさせること

受験シーズンになるとこどもを特別扱いして、勉強以外のことをさせないようにする家庭が多いです。

家事をすることで「ただの家族の一員」であること、いたって普通の認識でこどもと接することがプレッシャーをかけずに済むのでないかと考えました。

「特別扱い」はこどもに期待して勉強を強制することに繋がりかねませんので注意していきたいですね。

 

➂適度に運動させること

朝から缶詰状態だと、勉強の効率が下がってしまうのではないかと考えます。

家事をすることもですが、運動をすることで休憩することができます。

ストレッチをしたり軽いジョギングをして気分転換をし、勉強効率をアップさせましょう!

眠くなったらラジオ体操をしてみるのもいいかもしれません♪

 

➃毎日同じ時間に風呂に入らせること

「一緒に朝ごはんを食べる」や「毎日同じ時刻に風呂に入る」ことは生活のリズムを一定に保ち、気持ちを落ち着かせる効果があります。

風呂の時間が不規則だと睡眠の時間やタイミングもバラバラになります。身体に負荷がかかり、疲れやすくなります。

毎日同じ時間に風呂に入ることで、安定的で継続的な勉強が可能になるのです。

 

⑤体調の悪いときは無理をさせず休ませること

受験勉強は短期的なものではなく、長期的なものです。

体調が悪い時は、無理をさせずこどもを休ませてください。

健康が受験合格の鍵といえるでしょう。

 

⑥リビングはいつでも片付けておくこと

リビングが汚いと気持ちもごちゃごちゃになり、ストレスの一つになります。

ただでさえ、受験生の部屋は教科書や参考書で汚くなりがちなのでリビングだけでも綺麗にしておきましょう。

リビングが綺麗だと心もスッキリしますよね。

 

⑦勉強に口出ししないこと

学校や塾でも受験モードになり、家に帰ってきても「勉強にしなさい」と言われたら、子どもの休まる場所はありません。

子どもの心が休まる場所が家庭であるのです。

親は子供を見守り、信じてあげましょう♪

 

⑧夫婦仲良くすること

夫婦が仲が悪いとこどもは心が休まりません。

こどもも頑張っているので親も夫婦仲良くできるよう努力しましょう。

 

⑨月に一度家族で夕食すること

なかなか夜ご飯にそろって食べることは難しいかもしれませんが、月に1度はみんな家族がそろい美味しいものを食べましょう。

頑張っているこどものご褒美にもなるし、なんといってもおいしいご飯を家族で食べれたら幸せですよね。

 

⑩この10カ条を父親と共有すること

受験は家族全員でサポートしないといけません。

父親、兄弟、姉妹みんなで共有しましょう。

「家庭」はみんなでつくるものです。1人では作れないのです。

 

ドラゴン桜4話東大合格必勝法!家庭の10カ条まとめ

受験合格には家庭環境がとても重要なことがわかりました。

合格は日常生活の延長線上にある!

受験生がストレスなく勉強を楽しめたら一番いいですよね。

ぜひ家を「心休まる場所」にして受験に挑んでくださいね。


タイトルとURLをコピーしました