ハンオシ1話あらすじネタバレ感想も!出会ったばかりの二人が結婚!?

ハンオシ1話あらすじネタバレ感想も!出会ったばかりの二人が結婚!?エンタメ

2021年10月から『婚姻届けに判を押しただけですが』がTBSで火曜10時から始まります。

『婚姻届けに判を押しただけですが』略して”ハンオシ

ハンオシは清野菜名さんと坂口健太郎さんが主人公で出演されます。

清野菜名さんは、彼氏なし・酒好き・仕事大好きの独身満喫27歳の大加戸明葉(おおかどあきは)を演じ、坂口健太郎さんは、仕事を真面目にこなす堅物人間独身30歳の百瀬柊(ももせしゅう)を演じます。

1つ屋根の下で暮らす偽り夫婦ラブコメディー♪

ハンオシ1話のあらすじやネタバレ感想をみていきましょう!


ハンオシ1話あらすじネタバレ!

大加戸明葉は毎日楽しく過ごしていました。

ずっと夢だったデザイナーの仕事にも就いてやりがいを持って働いています。

プライベートでは彼氏はいませんが、大好きなお酒を飲む男友達もいて一生独身でいいと言ってます。今まで付き合った彼氏は、ダメ男ばかり。結婚にまったく縁がありませんでした。

ある日、明葉は飲み会に参加しました。すると突然見ず知らずの男性にプロポーズをされます。

その男性は広告代理店に勤める30歳の百瀬柊。柊は秋葉に偽装結婚をしてくれないかとお願いします。

明葉は突然のプロポーズに「ありえない! バカにしてるんですか!?」と断ります。

柊は結婚しなくてはならない理由があったのです。柊の祖母が営む小料理屋さんが潰れそうで経営危機なのと心臓が悪い祖母に結婚をすることで安心させたい気持ちがあったのです。

明葉は柊から500万円を借りることを条件に偽装結婚することにしました。

二人は一緒に生活を始めることになりました。そもそも好きで結婚した訳ではないので衝突することも。しかし、柊がふと見せる笑顔や優しさに少しずつ惹かれていくのです。

ハンオシ1話の感想・口コミ・評価は?

ハンオシ1話放送後に感想・口コミをお伝えします。


ハンオシ2話の内容・今後の展開は?

ハンオシ1話放送後に2話の内容・今後の展開をお伝えします。

ハンオシ1話あらすじネタバレ感想まとめ

ハンオシ1話では見ず知らずの二人が飲み会で出会い、偽装結婚で一緒に生活を始めました。

明葉は500万円借りることで偽装結婚の条件をのみましたが、一つ屋根の下で柊と暮らしていくうちにだんだん惹かれていきます。

一方で柊の本当の気持ちや偽装結婚した本当の理由はなんのかも気になります。

このまま偽装結婚がうまくいくのか、今後の展開が気になります。


タイトルとURLをコピーしました