エンタメ

室田伊緒の年収は?強さや成績と女帝の由来も調査!


室田伊緒さんの年収は非公開の為、わかりませんでした。

そこで女流棋士の賞金収入などをもとに予想すると

驚くほど年収が少ない!(予想)

室田伊緒さんの年収がなぜ少ないのか?

強さや成績、女帝と呼ばれる由来についても詳しくみていきましょう!


室田伊緒の年収はいくら?

室田伊緒さんの年収はいくらか調べましたが女流棋士の年収や賞金ランキングは非公開になっているのでわかりませんでした。

室田伊緒さんの年収は概算で100万~200万だと推測します。

室田伊緒概算年収内訳(予想)

  • 賞金収入100万円
    (女流棋戦の賞金総額は推定5000万円を女流棋士で約70名で分ける)
  • 【女流棋士の指導などの派遣料】
    二段 31500円(月1回稽古3時間)×12ヵ月
    合計:378,000円

 

女流棋士トップの里見香奈さんが年収1500万といわれているようで、将棋のトップでもこのぐらいしかもらわないの?と思ってしまいました。

なぜ女流棋士の年収が少ないかといわれると棋士の仕組みにありました。

そもそも『女性棋士』がいないとういのはご存じでしょうか?女流棋士と女性棋士は違うようです。

女性も棋士になれるのですが、男性とのレベルに格差があり、現時点で女性棋士はいません。

約20年前は将棋をしていたのは99%男性だったようです。今は女性の競技人口も増えてきましたが、まだまだ男性に比べると女性の将棋人口は少ないのです。

将棋の世界は厳しく棋士になれるのも全国でたった170名ほど。

今後は女性の将棋人口も増えてきているので、女性棋士が現れる可能性が十分にあります。

女性棋士が現れたらトップニュースになること間違いないです。女性棋士の誕生が待ち遠しいですね。

室田伊緒の強さと成績2022年最新

室田伊緒さんは女流2段の棋士。強さは女流棋士の中では半分ぐらいの強さになります。

室田伊緒さんの成績を過去10年間さかのぼって調べました。

対局数 勝数 負数 勝率
2021年 24 12 12 0.5000
2020年 23 12 11 0.5217
2019年 20 9 11 0.4500
2018年 21 12 9 0.5714
2017年 12 5 7 0.4166
2016年 18 9 9 0.5000
2015年 12 6 6 0.5000
2014年 28 14 14 0.5000
2013年 16 8 8 0.5000
2012年 16 4 12 0.2500

室田伊緒さんの前年度(2021年)の成績は勝率0.5000でした。

 

日本将棋連盟の女流棋士成績2021年では・・・

女流棋士が72名いらっしゃいましたので

0.5000以上 32名

0.4999以下 40名

だいたい30位前後になることがわかります。

 

ちなみに2021年度の上位の方の成績を見てみると・・

対局数成績 勝数成績 勝率成績 連勝成績
1位 伊東沙恵

53

里見香奈

40

里見香奈

0.800

(40勝10敗)

 里見香奈

17

2位 里見香奈

50

伊東沙恵

37

西山朋佳

0.789

(30勝10敗)

中井広恵

13

3位 加藤桃子

50

加藤桃子

32

伊東沙恵

0.698

(37勝-16敗)

西山朋佳

10

4位 渡部愛

48

西山朋佳

30

山口恵梨子

0.687

(22勝10敗)

上田初美

10

5位 中井広恵

47

香川愛生

27

上田初美

0.667

(26勝13敗)

塚田恵梨花

10

 

  • 対局数では伊東沙恵さん1位
  • 勝数では里見香奈さん1位
  • 勝率では里見香奈さん1位

 

5位の勝率をみても0.667なので、上位5位に入るには最低0.6000以上の勝率がないと難しそうです。

室田伊緒さんの今までの成績をみたら勝率0.5000が多く、半分ぐらいの順位が多いようです。


室田伊緒が女帝?その由来とは

室田伊緒さんが修行されていた頃は、女性がほとんどいませんでした。

男性の中に混じり女性一人で将棋をしていたそうです。

回りの男性を次から次へと降参させる姿はまさに女帝だったそうです。

2009年に廃止になった育成会で2期生抜けしたのは室田伊緒さんと里見香奈さんだけです。

ちなみに里見香奈さんは攻撃的に攻める棋風で、番長と言われているようです。

室田伊緒の年収は?強さや成績と女帝の由来まとめ

室田伊緒さんの年収は非公開の為わかりませんでしたが、概ね100万~200万と予想します。

女流棋士の中では勝率は0.5000で半分くらいで約70名中30位ほどで、強さも真ん中ぐらいになります。

室田伊緒さんが女帝と言われた由来は、女性で将棋をしている人が少ない中、次から次へと男性に打ち勝つ姿がまさに”女帝”だったそうです。

最近は勝率も半分ぐらいですので、今後は右肩上がりになればいいですね。