飲食店での携帯電話使用はどこまでOK?おさえておきたい3つのマナー

携帯電話マナー携帯電話マナー

最近では携帯電話やスマホを使う方が日本人口のほとんどを占めています。

飲食店での携帯使用はお店や他のお客様とトラブルになることもあります。

そこで最低限おさえておきたい飲食店での携帯使用マナーをまとめました。

誰かのお役に立てると幸いです(*^-^*)


飲食店での携帯電話使用について

飲食店での携帯電話の使用にはたくさんあります。

 

・携帯電話による通話

・携帯で写真をとる(SNSにあげる)

・携帯電話で会計をする(キャッシュレス決済)

 

飲食店での携帯電話使用は気をつけておかないと後で大きなトラブルになることもあります。

例えば、静かに食事をしたい方は近くの席の方が大きな声で携帯通話していると気持ちよく食事することができません。

飲食店での携帯電話使用は、他のお客様に迷惑をかけたり嫌な思いをさせない為にもしっかりマナーを身につけるべきです。

みんなが気持ちよく飲食店で過ごすために工夫しましょう。

飲食店で携帯電話使用時の〇のマナー

マナー➀:携帯電話をマナーモードにする

飲食店に入ったら携帯電話はマナーモードにしましょう。

バイブレーションにしていたら振動で気づくのでオススメします。

マナーモードでない場合は、着信音を小さくしておきましょう。

マナー➁:電話がかかってきたら一旦席を外す

飲食店に入り、料理が来るまでの待ち時間や食事中に電話がかかってきたら一旦席を外しましょう。

席を外して電話をしましょう。

一緒に食事している方もマナーがしっかりしていると感心するでしょう。

しかし、あまりにも長く離席すると失礼になるので注意しましょう。

マナー➂:電話にでても大きな声で通話しない

どうしても電話に出ないといけない場合もあるでしょう。

その時は、大きな声で通話せず、まわりのお客様に不快な思いをさせないようにしましょう。

なるべく早く電話を切るか、すぐに席を外しましょう。

声が大きいことでトラブルになることは少なくないようです。


タイトルとURLをコピーしました