家電製品

HX-PK12とHX-L120の違いを比較!どちらがおすすめ?

HX-PK12とHX-L120の違いを比較!どちらがおすすめ?

シャープのプラズマクラスター電気暖房機(加湿器)のHX-PK12とHX-L120の違いを比較しました。またどちらがどんな人におすすめかもお伝えしますね♪

HX-PK12とHX-L120の違いを比較すると

・HX-PK12の方が加湿量が多い

・HX-PK12の方が暖房風量が大きい

・HX-PK12の方が全体的にコンパクトになった

などいくつか違いがあります。

HX-L120の加湿量よりもHX-PK12は大幅に加湿量が増えていて、業界トップの加湿量を誇っています。

HX-PK12とHX-L120の詳しい違いを本文でわかりやすく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。


HX-PK12とHX-L120の違いを比較

HX-PK12とHX-L120(旧モデル)の違いを比較したのでみていきましょう。

HX-PK12の方が加湿量が多い

HX-PK12はHX-L120より加湿量が約20%アップしています。

HX-L120(旧モデル) HX-PK12(新モデル)
加湿量(50Hz時) 540ml/1時間 650ml/1時間
プレハブ洋室(適用床面積) 14畳(23㎡) 18畳(30㎡)
木造和室(適用床面積) 8.5畳(14㎡) 11畳(18㎡)

HX-PK12は業界トップクラスの加湿量になっています。

 

HX-PK12の方が暖房風量が大きい

HX-PK12はHX-L120より温風の到達距離が約2倍になっています。

風量は約30%アップし、遠くまで温風を届けることで足元が温かくなり、快適な温かさを実現しています。

加湿しながら暖房を行うことで、暖房運転のみの場合と比べて体感温度が上がり、より快適な暖かさを実感できます。

 

HX-PK12の方が切れ忘れ機能の時間が短い

HX-L120は切れ忘れ機能が12時間です。一方、HX-PK12は切れ忘れ機能が8時間になっています。

消し忘れがあった時も自動で切れる機能なので、外出や睡眠で消し忘れていても8時間で切れるので、電気代の節約になります。

 

HK-PK12の方がコンパクトになった

HX-PK12の方が全体的にンパクトになっています。しかし重量は新モデルの方が少し重くなっています。

HX-L120(旧モデル) HX-PK12(新モデル)
外形寸法(幅×奥行×高さ) 450×180×417mm 420×175×420mm
重量 約5.3kg 約5.5㎏

HX-PK12の方が高さが3mm高いですが、全体的にみるとHX-L120よりコンパクトになっています。

 

HX-PK12の方は操作パネルが抗菌加工仕上げになった

HX-PK12の操作パネルは抗菌加工仕上げになっています。旧モデルのHX-L120の操作パネルは抗菌加工仕上げになっていませんでした。

ボタン操作などで手や指が良く触れる場所なので、清潔を保ちながら、安心した使い心地になっています。

 

HX-PK12がおすすめな人

HX-PK12(新モデル)がおすすめな人は

・とにかく最新モデルの電気暖房加湿器を使ってみたい
・加湿量が多い方がいい
・暖房機能を使ってパーソナルスペースを温かく過ごしたい
・少しでもコンパクトな加湿器を使いたい

このようなお悩みの方はHX-PK12がとてもおすすめです!

シャープHX-PK12は大人気で実店舗でも売り切れ続出になっています。楽天で最安値のお店がありましたのでチェックしてみてください。2021年12月14日現在(5と0のつく日はポイントもアップになるのでお得に買えますよ~♪)※売り切れていたら申し訳ございません

 

 


HX-L120がおすすめな人

HX-L120がおすすめな方は

・とにかく少しでも安く買いたい
・加湿がそこそこできればいい
・暖房機能はほとんど使わない
このようなお悩みの方は、HX-L120をおすすめします。
ホームプラザ楽天市場にありました!口コミレビューも高かったです。少しでもお安く買いたい方におすすめです♪※売り切れていたら申し訳ございません

HX-PK12とHX-L120に共通する機能

HX-PK12とHX-L120に共通する機能をまとめました。

➀プラズマクラスター7000を搭載
シャープ独自の空気清浄技術。
・浮遊カビ菌を除菌・浮遊ウイルスの作用を抑える
・染みついたタバコのにおいを消臭
・静電気を抑える➁フィルター自動洗浄運転
運転停止後、加湿フィルターを自動清浄する。フィルターや加湿フィルター枠への水あか付着や加湿トレーの水の濁りも抑え清潔に。➂加湿フィルターの汚れを抑えるポンプアップ給水方式
給水ポンプでくみあげた水を加湿フィルターへ。余分な水は加湿トレーに落ちるので加湿フィルターが水につからず清潔。➃分解して丸洗いできる
分解しやすく、お掃除も簡単。きれいな温風とうるおい届ける。

⑤Wセンサーでエコ運転
温度センサーと湿度センサー、W センサーによるエコ運転で快適な暖かさとうるおいをキープ

⑥二重安全転倒OFFスイッチ
本体が転倒・傾いた際に通電を停止する機能

⑦安全性の高いヒーター

セラミックヒーターは自己温度制御作用により、赤熱状態や温度の上がりすぎがなく、安定した温度を保つ

⑧温度過昇防止器搭載

設定温度より温度が高くなると自動的に電源をカットし、温度が設定値より下がっても電源は復帰しません。

⑨電流ヒューズ

回路の異常状態による過電流によって、機器が危険な状態になることを防止する。

⑩S-JET認証取得
第三者認証機関によって製品試験及び工場の品質管理の調査が行われている証です。

 


HX-PK12とHX-L120の違いを比較まとめ

HX-PK12とHX-L120の大きな違いは、加湿量が業界トップにアップしたことと、暖房機能の温風量が増えてパーソナルエリアが温かくなったことです。

また横幅と奥行きが若干コンパクトになっています。

HX-PK12は加湿量が多いので、乾燥で喉を痛めている方や感染症対策に気を付けている方にとてもおすすめです。また、温風量もHK-L120に比べると約2倍になっていますので、足元が温かく、快適に過ごせます。

▼HX-PK12の体験談レビュー記事もありますのでチェックしてみてください▼
シャープHX-PK12-Wの口コミレビューを写真つきで解説!加湿だけで音はうるさい?

大人気の加湿器なのですぐに売り切れにみたいです。加湿器が今すぐ欲しい方や買うか迷われている方は楽天に在庫がありましたよ♪

HX-PK12(新モデル)

 

 

HX-L120(旧モデル)

 

【関連記事】

シャープHX-PK12-Wの口コミレビューを写真つきで解説!加湿だけで音はうるさい?

シャープHX-PK12の電気代はいくら?最安値で買える通販や販売店も調査!