RoborockS7+とRoborockS6MaxV の違いを比較!どっちがおすすめ?

RoborockS7+(新製品)とRoborockS6MaxV(旧製品) の違いが気になる方が多いと思います。そこで比較してどっちがおすすめかを調査しました。

 

ということで今回は

・RoborockS7+とRoborockS6MaxV の違いを比較

・RoborockS7+をおすすめする人

・RoborockS6MaxVをおすすめする人

・RoborockS7+とRoborockS6MaxVに共通する機能

についてご紹介していきますね。


RoborockS7+とRoborockS6MaxVの違いを比較

ロボット掃除機本体のゴミを自動で収集する

・新製品のRoborockS7+はRoborock史上初のスマート自動ごみ収集ドックができました。

サイクロン式と紙パック式の2つを採用して、約60日分のゴミを集めてくれます。(部屋の大きさなどにより収集日数は変わります)

サイクロン式は、ゴミを集めたときに中身が見えるのでおもちゃなど間違って吸ってしまっても安心です。水洗いで掃除ができエコな方法になっています。

紙パック式はゴミ捨ての際に舞い散るホコリなどが気になる方におすすめです。

また本体にたまったゴミを収集する時間も設定することができます。就寝時など音を立てたくない時間を避けることもできます。

高性能フィルターを搭載

排気には高性能なフィルターを搭載しています。内筒フィルターと外筒フィルターH13HEPAを採用し、微粒子を99.9%吸引し、清浄な空気をお部屋に届けます。

フィルターは水洗いができます。

水拭き強力モードを新搭載

RoborockS7+は吸引掃除を停止し、水拭きのみを行う『水拭き強力モード』を新搭載しています。水拭き性能が格段に向上しました。

モップモードでは強力(3,000回/分)、標準(2,300回/分)、ソフト(1,650回/分)から選択がでます。

このうちの強力モードでは、水拭きだけを念入りに行います。

部屋に合わせて最適な掃除を選択できるようになっています。

使用後は快適な仕上がりになっているようで、この搭載にはかなり期待していいと思います。

メインブラシの性能が上がった

・RoborockS7+に使われているブラシは髪の毛や糸くずが絡まりにくい構造になっています。RoborockS6MaxVよりもメインブラシのお手入れが簡単にできます。

・RoborockS7+のメインブラシは3次元に動きます。凸凹な床にもピタリと貼り付いてホコリやごみをしっかり吸い取ります。柔らかいラバー素材なので床を傷つけることもありません。

 

センサーの種類とセンサー数が増えた

RoborockS7+では18種26個のセンサーが連携し、カーペットの有無、すき間の高さ、家具・壁までの距離などを検知しています。

旧機種のRoborockS6MaxVは15種25個のセンサーが連携していました。

センサー機能の向上もアップしています。

チャイルドロックを搭載

RoborockS7+では子供やペットの誤操作を防ぐためにチャイルドロックを搭載しています。3秒間の長押しとアプリで、設定と解除ができます。

 

RoborockS7+がおすすめな人

RoborockS7+をおすすめする人は

・ゴミを毎回捨てるのが面倒な方

・吸引掃除と水拭き掃除を自分でしたくない方

・掃除の仕上がりにクオリティの高さを求めている方

・こどもやペットによる誤操作を防ぎたい方

です。

☆RoborockS7+は2021年9月3日(金)新発売☆

オープン価格は169,400円(税込み)です

 

☆RoborockS7スマート自動ゴミ収集ドック非搭載モデルも同時に発売です☆

オープン価格は129,800 円(税込み)です

 

ヤマダデンキ独占販売になりますのでヤマダデンキ店舗ヤマダウェブコム9月3日(金)より購入できます。

そしてなんと・・・

発売記念下取り価格が2021年9月17日(金)まで実施されるようです。

<下取り価格>

・RoborockS7+は33,000円(税込み)

・RoborockS7は27,500円(税込み)

 

もともと購入する予定だった方や迷っているけど価格が気になる方も、下取りに出して安く買うチャンスですよ~~

購入はヤマダデンキ店舗とヤヤマダウェブコムでお買い求めできます♪

 


RoborockS6MaxVがおすすめな人

RoborockS6MaxVをおすすめする人は

・少しでも安く買いたい方

・吸引掃除と水拭き掃除を自分でしたくない方

です。

 

☆RoborockS6MaxVは現在通販で購入できますよ~☆

 

RoborockS7+とRoborockS6MaxVに共通する機能

Roborockアプリ

・外出中でも掃除の状況を確認できます

・掃除する部屋の順番を決めることができます

・複数フロア(1階・2階)のマップを保存します

・進入禁止エリアを5か所まで設置できます

・音声案内が選べます。(日本語・英語・子供向けアニメ声・癒し系執事声・博多弁・広島弁・関西弁・京都弁・津軽弁)

・アクセサリーの交換時期をアプリでお知らせしてくれます

その他の共通する機能

・繰り返し使えるモップクロス(水洗いできます)

・ゴミ捨て時間短縮ダストボックス(水洗いできます)

・エアフィルター(水洗いできます)

・連続3時間運転します

・自動で充電し、掃除を再開します

・2センチまでの段差は乗り越えます

・声だけで掃除を開始します(※AmazonアレクサとGoogleアシスタントに対応)

 


RoborockS7+とRoborockS6MaxVの違いを比較まとめ

RoborockS7+とRoborockS6MaxVの大きな違いは

スマート自動ごみ収集ドックが搭載されたことです。

今まではゴミを自分で捨てないといけなっかたのが、60日間ゴミをドックで収集してくれます。

ゴミ捨てが面倒な方は60日間、掃除や掃除機のゴミ捨てもしなくていいのでかなり時短&楽になるのではないでしょうか。

またRoborockS6MaxV(旧機種)では水拭きだけのモードが無かったのですが、RoborockS7+(新製品)では水拭きだけの”水拭き強力モード”が搭載されおり、より掃除力が向上しました。

 

RoborockS7+は2021年9月3日(金)に新発売!

超お買い得♪期間限定で発売記念下取り価格《9/3(金)~9/17(金)》も実施されます~

\ヤマダセンキ実店舗とヤマダウェブで独占販売です/

 

また旧機種は通販でも販売してありました~♪

新製品より価格はかなりお安くなっていますので、『少しでも安く買いたいけど、掃除機をかけたくない』方は要チェックです!

 


タイトルとURLをコピーしました